自宅の健康も大事?健康住宅を選んで安心できる環境を

男女

健康を保てる家

住居模型

アレルギーに悩まない

健康住宅とは、住宅を建てる際に化学物質を使うことによってシックハウス症候群などのようなアレルギーをはあ証する人のために、健康を維持することができるように建てられる家のことを言います。つまり健康のことを優先的に考えて建てられる住宅のことでして、有害な物質やハウスダストが発生しないように自然素材を使用するほか、化学物質の量を少なくした建材を使うなど考慮されるものです。そのため、シックハウス症候群で悩む人や免疫力や抵抗力の弱い子供や赤ちゃんでも住むことができるようになっているのがメリットです。よく知られている化学物質の1つであるホルムアルデヒドは、健康住宅に限らず建築基準法で一定の使用量を越えて使ってはならないことが2007年に規制され、喚起装備の設定なども義務付けられるようになっています。しかし建築基準法に従いながらもアレルギーに悩む人は多く、普通の新築を建てる住宅に不安を感じることもあります。健康住宅はそのような人のために建てられる家なので、新築を建てようと考える場合は住宅メーカーで健康住宅を取り扱っているかどうか確かめ、相談することが望ましいです。ハウスダストによって抵抗力の弱い子供の中には常にセキをして喘息を発症してしまうこともあります。しかし健康住宅にすることで喘息などのようなアレルギーを発症させることなく安全に暮らすことができるので、子供を持つ親からも積極的に選ばれるようになってきています。