自宅の健康も大事?健康住宅を選んで安心できる環境を

模型
住居模型

健康を保てる家

健康住宅を選択することによって、ハウスダストや有害な物質によって発症してしまうアレルギーに悩むことなく暮らすことができます。健康住宅は、シックハウス症候群にかかってしまう人や子供をもつ親など、多数の人に注目されています。

建材の安全性を考慮する

一軒家

暮らしやすい住環境も特徴

賃貸として提供される住まいには健康住宅と呼ばれるタイプの物件が増えています。健康住宅が多くの人に選ばれているのは、大きな理由が存在するためです。近年、住宅建材に使われていた塗料やシロアリ駆除剤などに含まれる化学物質が原因で、体の不調や疾病に掛かるシックハウス症候群は大きな社会問題になっています。そこで健康のことを一番に考え、シックハウス症候群の原因に繋がる化学物質を排除した住宅建材のみで建てられた賃貸物件が健康住宅です。2002年の7月に建築基準法を改正され、人体への影響が大きいクロルピリホスとホルムアルデヒドの2つの化学物質は、使用を制限されることになりました。また民間団体も独自のガイドラインを設けるなど対応に動き、上記2種の化学物質以外のトルエンやキシレンなども自主的に使用を制限する動きが表れています。現在賃貸として提供されている健康住宅は、前述の法律や自主的に規制している化学物質の使用を抑えるだけでなく、空気環境の積極的な改善にも取り組んでいるのが特徴です。空気循環を考えた設計を採用したり、屋内換気扇を各部屋に設置したり、自然素材を積極的に用いるといった試みです。またカビやダニなどのアレルゲン対策も健康住宅の特徴の1つです。カビやダニが活動しにくい湿度や温度を保ち、蓄熱機能を備えるなど住む人の快適な生活という点にも力を入れています。このように健康住宅はシックハウス症候群への対策だけでなく、アレルゲンへの対策や暮らしやすさを考慮した住宅のため、住環境を重視する人々に選ばれています。

室内

すべての健康を保つ家

健康住宅とは身体的な健康を維持するだけのものではなく、ほかにも経済的な健康や精神的な健康を保っていくものでもあります。快適に過ごせる家としてその空間のなかで過ごせるよう、積極的に健康住宅を選ぶ人は多くなっています。

婦人

選ばれている理由

住宅は人生の中で一番大きな買い物となります。近年増加しているのが、デザインや間取りのほかに多方面からの健康を考えた健康住宅です。住む人のからだの健康、経済面の健康など、さまざまに考えられた健康住宅が今選ばれています。